積み木の家

色々な顔をもっている街

つみきの家

どのような要望でも

中野区は東京23区の西部に位置しています。交通の便が非常に良く、中心となる中野駅にはJR中央線、総武線、地下鉄東西線が走っています。また、区内には西武新宿線、丸ノ内線、都営大江戸線が走っており、何処に出るにしても非常に便利な土地です。更に、中野区は最近再開発が進んでおり、住みたい街ランキングでも常に上位に顔を出すようになっています。このような街ですから、不動産も勿論人気があります。とは言っても、中野区の不動産は一言では言い表せません。中野区自体が様々な顔を持っている土地だからです。例えば、大都会の佇まいを見せる中野駅周辺ですが、徒歩で30分程度新井薬師方面に移動すれば、哲学堂という桜の名所に出ます。ここは非常に落ち着いた佇まいを見せる、閑静な住宅街で中野駅周辺の不動産とはまた一味違います。中野の不動産の特徴として、これだけ便利で人気のある街にも関わらず比較的相場が落ち着いている事があります。新宿という日本の中心都市から一駅でありながら、新宿から同等の距離の別街の不動産と比較すると明らかに安価です。例えば、ターミナル駅の渋谷から一駅の中目黒駅のIKの家の家賃相場が10万円を超えているのに対し、中野は8万円台で落ち着いています。中野駅周辺は、大学のキャンパスが更に建築中であったりと、更なる再開発が進んでいます。今後、中野区の不動産価格が上昇する可能性も考えると、不動産の購入は今が最大のチャンスとも考えられます。ここしばらくは、中野区の人気が落ちることは無いと考えられますから、価格が落ち着いている今が狙い時です。